残業代の請求、残業代の計算方法を全力でバックアップ

残業代・残業手当請求には決心が必要なんです。

残業代・残業手当請求には決心が必要なんです。

残業代・残業手当請求には決心が必要なんです。

残業代・残業手当請求@かぎやまひでゆきです。

今日も読んでいただいて、ありがとうございます。

世の社長さん、ご存知ですか?

貴方の会社の愛すべき社員さんが、会社に対して残業代・残業手当を請求するのは止むにやまれぬ事情があって、悩みに悩んで請求をすることをご存知ですか?

だってそうでしょう!?

今まで曲がりなりにも給料を頂いて、自分の生活を支えてきてくれた会社に対して、ある意味「反旗を翻す」行動を起こさざるを得ないのはよっぽどのことがあったんです。

社長や上司・同僚、後輩には感謝しきれないほどの愛着を持っていた社員さんなんですよ。

それは、社長!

貴方が、労務管理、特に社員さん達の労働時間管理がズサンだったからです!

労働基準法においては、「労働者の労働時間管理」は使用者、つまり会社や経営者である貴方の義務なんです!

社員さんの健康管理、社員さん個人の仕事と個人生活、すなわち「ワークライフバランス」を考えるのは経営者の務めなんです。

ですから、社員さんが会社を相手取って残業代・残業手当請求の「内容証明郵便」や「あっせん」・「調停」、ひいては「労働審判」・「労働訴訟」を起こすには相当な決心、覚悟を持ってことに当っていることを肝に銘じて下さい。

よっぽどのことがなければ、感謝こそすれ、こんな行動を起こすことはないんです!

「ちょっとした配慮さえあったら、こんなことしてなかったのに」

そう思っているに違いないのです。

それは、規定や規則といったものとは、少し次元の違うものかもしれませんが、規定・規則の中に「ちょっとした配慮」を盛り込むことはできるんです!

「それはなにか?」

無料相談はこちら』からお問合わせください。

残業代請求・残業手当請求は藍行政書士総合事務所』までお願いします。

またお会いしましょう。

コメント



認証コード5567

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional