残業代の請求、残業代の計算方法を全力でバックアップ

付加金

付加金

付加金とは

労働基準法第114条に規定されていますが、

 「裁判所は、解雇予告手当、休業手当、割増賃金、年次有給休暇の期間又は有給休暇の時間の賃金を支払わなかった使用者に対して、労働者の請求により、使用者が支払わなければならない未払金のほか、これと同一額の付加金の支払を命ずることができる。

 ただし、この請求は違反のあった時から2年以内にしなければならない。

とあり、訴訟を起こす場合はこれを含めて請求することが一般的です。

 つまり、合計すると残業代の2倍の金額になるのですが、これには弁護士さんへの成功報酬などを支払うことになるし、当然会社側も弁護士をたてて反論してきますから、時間がかかる可能性が高いです。



無料レポート「残業代請求の達人」はメニューからどうぞ



無料相談・正式依頼・手続費用お問合わせ(全国24時間受付中) 
 無料相談はこちら

 正式依頼はこちら

 お問合わせはこちら

 



←クリックしてね!

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional