残業代の請求、残業代の計算方法を全力でバックアップ

休日労働

休日労働

労働基準法第35条には、

①「使用者は、労働者に対して、毎週少なくとも1回の休日を与えなければならない。(原則)
②上記①の規定は、4週間を通じ4日以上の休日を与える使用者については適用しない。
となっています。

これを、一般に法定休日と呼んでいます。

また、労働基準法においては、原則的には休日に労働をさせてはならないとなっています。

ただし、労使協定(36協定)を締結し、これを行政官庁に届け出た場合は、その協定で定めるところによって労働時間を延長し(時間外労働)、又は休日に労働させることができると規定されています。

ちなみに、この休日に働く場合には休日労働ということになって、会社は35%以上の割増率による賃金を支払う義務があります。



無料レポート「残業代請求の達人」はメニューからどうぞ



無料相談・正式依頼・手続費用お問合わせ(全国24時間受付中) 
 無料相談はこちら

 正式依頼はこちら

 お問合わせはこちら




←クリックしてね!

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional