残業代の請求、残業代の計算方法を全力でバックアップ

内容証明郵便で残業代・残業手当請求

内容証明郵便で残業代・残業手当請求

なぜ内容証明郵便で残業代・残業手当の請求書を出すかと言うと、普通郵便やFAXを使った場合には会社側が受け取っていないと主張する可能性がありますから、確実にこれこれこういう内容の請求を送ったという事実と、過去2年間分しか請求できないために請求した日付を確定させて時効を中断させるためです。

ただし、内容証明郵便で送付するのは、未払いとなっている残業代・残業手当を計算した上で、請求書だけにしましょう。


過去2年分の残業代の計算書を一緒に送るとなると、郵便料金がめちゃめちゃ高くなりますのでご注意ください。


残業代・残業手当請求の根拠となる労働時間の計算書などは、別便で書留郵便で送っても問題ありませんから。


 ただし、在職中にこれをやると会社や上司とやや気まずい関係になる可能性もありますので、1番目はEメールを使うのも一つかも知れません。

 ただし、送信日時が判ること、紙に印刷できることが注意点です。証拠とする必要がありますので、携帯電話からではなく、印刷ができるPCからのEメールにしてくだい。



無料レポート「残業代請求の達人」はメニューからどうぞ



無料相談・正式依頼・手続費用お問合わせ(全国24時間受付中) 
 無料相談はこちら

 正式依頼はこちら

 お問合わせはこちら




←クリックしてね!

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional