残業代の請求、残業代の計算方法を全力でバックアップ

割増率

残業の割増率

残業代の計算は?」にあるように、時間外労働及び休日労働並び深夜労働に対しては下記に所定の割増率による賃金支払い義務が発生します。

さらに、労使協定(36協定)の限度時間(1か月については45時間まで)を超える時間外労働を行う場合、

① 特別条項付き協定を締結する。
② 上記協定では、限度時間を超える時間外労働に対する割増賃金を定める。
③ ②の割増率は25%を超える率とするように努める。
④ 限度時間を超える時間外労働をできる限り短くするように努める。

という規定があります。

ですから、1か月の限度時間を超えた時間外労働に対しては、通常の時間外労働に対する25%の割増率に25%を加えた50%の割増率ということになります。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional