残業代の請求、残業代の計算方法を全力でバックアップ

時効

時効

労働基準法第115条によれば、「労働基準法の規定による賃金(退職手当を除く)、災害補償その他の請求権は2年間、退職手当の請求権は5年間行わない場合には、時効によって消滅する。」と規定されています。

したがって、あなたが未払いとなっている残業代(残業手当、超過勤務手当、時間外労働手当など呼び名はいろいろありますが。)は、この賃金に該当しますので、過去2年間分に限り請求することができるというのが原則です。


残業代は、この2年間のうちに請求しなければ時効によって請求できなるので早いうちに請求しましょう。



無料レポート「残業代請求の達人」はメニューからどうぞ



無料相談・正式依頼・手続費用お問合わせ(全国24時間受付中) 
 無料相談はこちら

 正式依頼はこちら

 お問合わせはこちら




←クリックしてね!

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional