残業代の請求、残業代の計算方法を全力でバックアップ

残業代の計算は?

残業代の計算は?

 具体的な残業代・残業手当の計算方法ですが、解りやすくするために、1日8時間、週5日勤務で週40時間とし、朝9時から始業して1時間の昼休みを挟んで午後6時までの勤務として話を進めていきます。

通常の残業

 まず、通常の残業です。これは時間換算した給料の25%割増で残業代を計算します。

休日労働

 次に、休日労働の場合は、35%割増で残業代・残業手当を計算します。

深夜労働

 深夜労働(午後10時~午前5時の間)25%割増で残業代・残業手当を計算します。


これを表にすると、下のようになります。

  具体的な割増率         重複する場合の割増率

 時間外労働=25%(以上)   時間外労働+深夜労働=合計50%(以上)
 
 休日労働 =35%(以上)    休日労働 +深夜労働=合計60%(以上)

 深夜労働 =25%(以上)

 なお、休日に時間外労働があっても、重複はありません。35%割増のみです。それは、休日労働には時間外労働という概念がないからですが、深夜労働については割増されます。

残業代・残業手当の計算例

 残業代の計算等時間外労働及び休日労働の割増賃金の具体的な残業代・残業手当の計算方法です。

 解りやすくするために、時間給換算が1時間当たり1,000円として計算します。


時間外労働 
 ○月1日 午後 6時~午後 8時 ⇒2hX1000=2,000円 

休日労働
 ○月7日 午前 9時~午後12時 ⇒3hX1000X1.35 = 4,050円

時間外労働+深夜労働 
 ○月12日 午後 6時~午前12時 午後10時までと、午後10時からと分けて計算します
                   ⇒4hX1000      = 4,000円
                   ⇒2hX1000X1.50 = 3,000円

時間外労働⇒深夜労働⇒深夜労働+休日労働(○月20日を休日とします)

 ○月19日 午後 6時~午前2時  午後10時まで、午前0時、午前2時に分けます。

                   ⇒4hX1000      = 4,000円
                   ⇒2hX1000X1.5  = 3,000円
                   ⇒2hX1000X1.6  = 3,200円

以上のような残業代の計算方法になります。

Excelのイメージ


日付始業終業総時間時間外休日深夜休日深夜
 1日 9:0020:0010:0002:00        
 7日 9:0012:003:00 3:00      
12日 9:0024:0014:0004:00   2:00    
19日9:0026:0016:0004:002:002:00  2:00



無料レポート「残業代請求の達人」はメニューからどうぞ



無料相談・正式依頼・手続費用お問合わせ(全国24時間受付中)
 無料相談はこちら

 正式依頼はこちら

 お問合わせはこちら




←クリックしてね!

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional