残業代の請求、残業代の計算方法を全力でバックアップ

残業代を労働審判で請求

残業代を労働審判で請求

 私が一番お薦めするのはこの方法です。内容証明郵便で残業代請求・残業手当請求をしても、おそらく会社側はいろんな理由を言ってくるだけです。この労働審判による残業代・残業手当の請求こそ、会社からサービス残業代を奪回する真髄です。

手続きはどうやるの?

 地方裁判所の民事部に「労働審判手続申立書」に証拠となる、タイムカードや、残業代の計算書及びあらかじめ出しておいた内容証明郵便での請求書の写し、それに対する会社の返事などを添えて提出します。

 内容は、①申立人であるあなたの住所・氏名・連絡先②相手方(会社)の住所・社名・代表者名・連絡先を書きます。

 それから、③請求金額④趣旨⑤理由(経過)⑥申立に至るまでの経緯を記載します。簡潔に、箇条書きになりますから、2ページ程度にまとめて下さい。

詳しくは用語の解説中の労働審判申立を参照して下さい。



無料レポート「残業代請求の達人」はメニューからどうぞ



無料相談・正式依頼・手続費用お問合わせ(全国24時間受付中) 
 無料相談はこちら

 正式依頼はこちら

 お問合わせはこちら




←クリックしてね!

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional