残業代の請求、残業代の計算方法を全力でバックアップ

管理職の残業代

管理職の残業代

管理監督者

 労働基準法第41条では、監督もしくは管理の地位にある者(管理職又は管理監督者)は労働時間、休憩及び休日に関する規定を適用しないとされています。

 つまり、会社はこの規定を盾に係長、課長、店長といった管理職には残業代を支払わなくてもよいと解釈しているようです。まさにサービス残業です。

名ばかり管理職

 ところが、この管理監督者とは一般にいう管理職ではなく、法の行政解釈による通達では、労働条件の決定その他労務管理について経営者と一体的な立場にある者と規定しています。


 つまり、単に上司又は経営者からの伝達者に過ぎず、労務管理に関して権限を持たされていない名ばかり管理職は、通常の労働者であり、残業代を請求する余地は十分にある訳で、サービス残業をしてはいけません。


厚生労働省では以下のことを公表しています。

 
そして、この部分こそ、労働裁判においての裁判官の具体的判断基準となっているようです。



【労働基準法における管理監督者の範囲の適正化のために】

管理監督者」は労働条件の決定その他労務管理について経営者と一体的な立場にある者をいい、労働基準法で定められた労働時間、休憩、休日の制限を受けません。


  
管理監督者」に当てはまるかどうかは、役職名ではなく、その職務内容、責任と権限勤務態様等の実態によって判断します。

企業内で管理職とされていても、次に掲げる判断基準に基づき総合的に判断した結果、労働基準法上の「管理監督者」に該当しない場合には、労働基準法で定める労働時間等の規制を受け、時間外割増賃金(残業代・残業手当)や休日割増賃金の支払が必要となります。

 
1.労働時間、休憩、休日等に関する規制の枠を超えて活動せざるを得ない重要な職務内容を有していること

労働条件の決定その他労務管理について、経営者と一体的な立場にあり、労働時間等の規制の枠を超えて活動せざるを得ない重要な職務内容を有していなければ、管理監督者とは言えません。

   

2.労働時間、休憩、休日等に関する規制の枠を超えて活動せざるを得ない重要な責任と権限を有していること

労働条件の決定その他労務管理について、経営者と一体的な立場にあるというためには、経営者から重要な責任と権限を委ねられている必要があります。

「課長」「リーダー」といった肩書がある管理職であっても、自らの裁量で行使できる権限が少なく、多くの事項について上司に決裁を仰ぐ必要があったり、上司の命令を部下に伝達するに過ぎないような者は、管理監督者とは言えません。



3.現実の勤務態様も、労働時間等の規制になじまないようなものであること

管理監督者は、時を選ばず経営上の判断や対応が要請され、労務管理においても一般労働者と異なる立場にある必要があります。

労働時間についてタイムカード等で厳格な管理をされているような場合は、管理監督者とは言えません。



4.賃金等について、その地位にふさわしい待遇がなされていること

管理監督者は、その職務の重要性から、定期給与、賞与、その他の待遇において、一般労働者と比較して相応の待遇がなされていなければなりません。


管理職の残業代請求・残業手当請求奪回

 したがって、なんらかの肩書のついた管理職と言えど、残業(時間外労働)を行った場合には残業代請求をする権利を持っていると言えます。

 実例では、マクドナルドの店長が500万円以上の残業代が認められた東京地裁判決が有名です。


 ですから、管理職の方は勝手に自分で解釈して残業代請求・残業手当請求をあきらめてサービス残業としてしまわずに、専門家に相談してぜひ、残業代を請求・奪回して下さい。


ためしに、ご自分の残業代・残業手当の計算方法などは、残業代の計算は?をご覧ください。きっとびっくりするような金額になると思いますよ。


無料レポート「残業代請求の達人」はメニューからどうぞ



無料相談・正式依頼・手続費用お問合わせ(全国24時間受付中)
 無料相談はこちら

 正式依頼はこちら

 お問合わせはこちら




←クリックしてね!

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional