残業代の請求、残業代の計算方法を全力でバックアップ

請求に必要な書類は?

残業代請求に必要な書類は?



残業代・残業手当の請求に必要な書類の一例です。もし、なかったら他の書類で代用できる場合もありますので、ご相談くださいね。

雇用契約書

 中小企業で雇用契約書を交わす会社は少ないと思います。なければ募集要項などの雇用条件が判るものをご用意下さい。

就業規則

 就業規則は、全従業員が見ることができるようになっていなければいけません。見たことがない方は、会社に申し出て見せて貰いましょう。その際に、できればコピーを取って下さい。

36協定

 残業(時間外労働)などをさせるためには、36協定と呼ばれる労使協定が締結されていなければいけません。ぜひ見せて貰いましょう。コピーを忘れずに。

タイムカード

 労働時間を計算するためにはぜひとも欲しい資料ですが、設置していない会社もあると思います。
 その時は、手帳にメモしておきましょう。

 何時何分に誰にメールをしたとか、誰かに電話をかけた、注文をした又は受けたといったことも記載しておくと、残業代を請求する際の証拠となる場合が多いですから、タイムカードがない会社では、必ずメモしましょう。

給与明細

 時間当たりの給料の計算や、残業手当が支払われていないことの証明になりますから、絶対に捨てないで保管しておきましょう。

残業代計算書

 給料の締切日ごとに残業代・残業手当を計算した、計算書も必要になります。



無料レポート「残業代請求の達人」はメニューからどうぞ


無料相談・正式依頼・手続費用お問合わせ(全国24時間受付中) 
 無料相談はこちら
 正式依頼はこちら
 お問合わせはこちら



←クリックしてね!

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional