残業代の請求、残業代の計算方法を全力でバックアップ

遅延損害金(遅延利息)とは?

遅延損害金(遅延利息)とは?

 未払い残業代には、不払いの時から、年利6パーセントの遅延損害金(遅延利息)を加算して請求することができます。お金を貸した時と同じですね。 

 この低金利の時代、6パーセントの利率は大きいですね。

また、従業員が会社を退職した以降は、賃金の支払の確保等に関する法律第6条に基づいて、年利14.6パーセントの遅延損害金を請求することができます。

 なお、残業代に上乗せとなる付加金にも、それが認められた日(判決確定の日)から年利5パーセントの遅延損害金(遅延利息)が加算されます。

 したがって、残業代の計算をした上で、遅延損害金も併せて計算し、請求書に記載しましょう。具体的な残業代・残業手当の割増率や計算方法などは残業代の計算は?をご覧ください。



無料レポート「残業代請求の達人」はメニューからどうぞ



無料相談・正式依頼・手続費用お問合わせ(全国24時間受付中) 
 無料相談はこちら

 正式依頼はこちら

 お問合わせはこちら




←クリックしてね!

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional